直アド

2012-10-23

念願の女性とのメ-ル交換も順調に続き、双方に安心感と信頼感が芽生え始めたと感じたなら、
次の段階は直メを教えてもらうアプロ-チ段階となります。
子の時点では既に、メ-ル交換スタ-トからそれなりの時間が経過していて、互いに気心も知れていますので、
ストレ-トに「もっと色んな話をしたいので、メアド教えて頂けますか?」と切り出してみても構わないでしょう。

ですが出会い相手がまだ躊躇する気配を見せた場合は、喰い下がる事無くサラリと話題を変え、次のチャンスを伺うようにしましょう。
しつこい男性は100%嫌われますので、常に「サラリ」を念頭に置いて下さい。

あるいは何らかの理由を用いて尋ねるのも一案です。
「○○さんはいつも携帯からアクセスですか?携帯サイトの画面って見辛く思いません?僕もパソコンから繋ぎたいなですけど、
仕事中とかは無理ですからね」
「そうですネ。私もパソコンの方が使い易いと感じています」
「○○さんともっと沢山話したいのですが、サイト経由だとログインが多過ぎて、時間がかかってしまうんです。
直接お話出来たら嬉しいんですけど、よろしければ携帯アドレスを教えて頂けませんか?」
といった流れです。

ここで注意せねばならないのが「面倒だから」というのを理由にしない事です。
「アナタともっと沢山話したいから」「より多くメ-ル交換したいから」という想いを相手に伝える事で、直アドを伺う姿勢を忘れないで下さい。
この場面でも、出会い系サイトの鉄則=常に相手の立場感情を考える、なのです。

Copyright© 2011-2019 家出少女救済神待ち掲示板 All Rights Reserved.